人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
『ほんやく修行』中国語
kushiyama.exblog.jp
『ゲリラ建築』 書評(建築討論)など
「建築討論」の書評コーナーに建築家・連勇太朗氏による『ゲリラ建築』評が掲載されています。謝英俊の建築思想だけでなく、若い著者たちの体験をつづった物語的な要素とその意義にも言及があります。一部抜粋。

“……筆者は本書を読みながら懐かしい気持ちになった。2011年の3.11の復興現場や、限界集落での地域活性プロジェクトなど、学生時代に経験したことの数多くが廖惟宇の経験と重なった。忘れていた記憶がゾルゲの高原やバスで揺られる長時間の旅と共に、風景は違えど鮮明に思い出された。そういう意味で本書は廖惟宇の個人的体験を超えて、同時代に建築を学んだ学生が体験し突き当たる社会の矛盾や希望を記録しているような気もする。ちなみに自分自身の名誉のために言っておくが、私は著者のように……”

【建築討論/書評】復興プロセスという旅、あり得たかもしれない可能性を求めて(評者:連勇太朗)より

* * *

『ゲリラ建築』は2010年頃までの話ですが、謝英俊チームの現在をうかがい知ることのできるドキュメンタリー映像(↓)。日本人スタッフの永岡武人さんも登場します。おすすめ。

動画(中国語/中英字幕/25分)


* * *

廖惟宇『ゲリラ建築:謝英俊、四川大地震の被災地で家を建てる』(みすず書房、2020年1月)

by d_kushi | 2020-09-04 18:52 | 『ゲリラ建築』関連
<< 『どっちが強い!?』 シャチv... 『どっちが強い!?』 動物オリ... >>