人気ブログランキング |
ブログトップ
『ほんやく修行』中国語
kushiyama.exblog.jp
『如夢令(じょぼうれい)』 人物紹介(1)
突然ですが、ちょっとした勢い(?)でTwitterのアカウントを作ってしまいました。仕事関係全般の情報収集に使えるのではないかと思っていますが、情報発信に関しては『如夢令』関連専用というつもりです。使いこなせるだろうか……。【追記:その後専用ではなくなっています】

記念(?)に登場人物の紹介など……。主要キャラは9月15日の記事から再録。

* * *

主要キャラ

百里星軒(ひゃくり・せいけん)
 主人公の少女。大将軍・百里文龍の娘。追っ手から逃れるために花嫁の替え玉となり、辺境の街、涼州へ……。鏡淵には軒児(シェンル)と呼ばれる。

鏡淵(きょうえん)
 第三皇子。王号は荘王。政治に関心がなく後継者争いにも無関係だと目されているが……。星軒には三哥(さんにい)と呼ばれる。

扶燁(ふ・よう)
 涼州・扶家の長子。花婿。かなり裕福そうな商家の若旦那だが、その裏の顔は……。頻繁に妓楼に出入りしている。

蘇煙(そ・えん)
 臨江・蘇家の長女。父は用心棒組織(鏢局)の元締め。輿入れの準備をしているが、江湖(義侠の世界)への憧れがあり……。


皇族

陽豊帝(ようほうてい)
 先の皇帝。前触れなく突然崩御し「帝王令」の所在がわからなくなる。

東宮(とうぐう)
 皇長子。東宮殿に住まう。後継者の証である金牌「帝王令」を必死で探す。




二皇子 夭折。

三皇子 (東宮の異母弟。三哥さま)

四皇子 兵権を握っていたらしいが、すでに東宮の手で……。

五皇子 東宮の同母弟。病弱。物語後半では……。

六皇子 蓄財していたらしいが、すでに東宮の手で……。

七皇子 (すでに失脚…?)


朝臣

百里文龍(ひゃくり・ぶんりょう)
 大将軍(武官のトップ)。荘王府に出入りし、さらには……。

端木贏樺(たんぼく・えいか)
 筆頭大臣(文官のトップ)。東宮の即位に反対し……。

鴦青(おう・しょう)
 大司宮(だいしきゅう)。後宮を司る宦官。後に別の役職に……。


扶家

扶良(ふ・りょう)
 扶家次子。扶燁の弟。良(リャン)と呼ばれる。

扶念(ふ・ねん)
 旦那様。扶燁、扶良の父。涼州の富商。

奥様
 扶燁、扶良の母。8年前、夫と共に蘇煙の父に命を助けられる。

* * *

今回はここまでです。物語後半では……などと書いているのはオリジナル中国語版の話で、日本語版の連載をどこまで続けられるのかは未知数ですが……ご参考まで。


by d_kushi | 2019-10-22 18:52 | 『如夢令』関連
<< 『如夢令(じょぼうれい)』 コ... 『如夢令(じょぼうれい)』 第... >>