ブログトップ
『ほんやく修行』中国語
kushiyama.exblog.jp
<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
固有名詞
中国には“海河”という名前の河川があるのですね。
危うく「海と川」とか、訳してしまうところでした・・・。

固有名詞であることに気づかず、
しばらく悩んでしまったことが・・・けっこうある。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-28 11:27 | つれづれ
兼業
翻訳を兼業している通訳者は多いらしいが、
通訳もこなす翻訳者というのは、あまり聞かない。
通訳者としてのスキルの方が、つぶしがきくということか。

・・・

同居人が突然「湯豆腐が食いたい」とわめいたので、豆腐を2丁買ってきた。が、湯豆腐には昆布が必要らしい。翌日、昆布を買いに行く。昆布なんて今まで買ったことがない。鮮魚コーナーにあるのかと思ってた…。一応、稼ぎは負けてないんですが、常に家にいるという理由だけで「主夫」を兼業。前途多難。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-27 11:57 | つれづれ
違和感
自分が訳した文章を読んでいて、違和感を感じることがある。
その原因には、いくつかのパターンがある。

たとえば、自分の常識にはない単語。自分が知らないために違和感を感じるが、その分野ではごく普通に使われている言葉だったりする。

たとえば、自分の思いこみ。話の流れを勝手に決めつけてしまい、原文の意味を取り違えている(最悪)。話が矛盾してくるので、落ち着いて読めばすぐにわかる…はず

あと、原文の間違い。原文の間違いを無理やり訳出してしまい、それでも意味が何となく通ってしまっていたりすると、やっかい。…原文の間違いに限らず、何となく意味が通ってしまっている誤訳は、気づきにくい。

そして、やはり一番の違和感は「日本語としての不自然さ」だったり…
(中国語としての不自然さは、なかなかわかりません)。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-26 09:07 | 翻訳を考える
MacとWin
次にパソコンを買うなら、どちらがいいだろうか?
>MacとWin

外付けハードディスクからの起動に切り替えて以来、順調だった我が家のiMacですが、最近、起動ボタンの反応がいまいち…。慎重に、そっと、かるく押してあげなければ、起きてくれません。…不安。

仕事のほとんどがワードやパワーポイントでの納品になるので、Winを買うのが常識的な判断なのかもしれない。が、となると、デスクトップもノートも両方Winになってしまう。リスク管理の方面から考えるに、それはどうかと…。最近は、Macで作ったワードファイルも文字化けしないようですし。

とか、もっともらしい理由をひねり出してみたものの、
本当は単純にほしいだけです。新しいMacが。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-25 09:28 | それでもMac
マッキントッシュ(単語帳)
アップルコンピューター  苹果电脑  Apple Computer
インターフェイス  界面  interface
オールインワン  全内置  all-in-one

オペレーティングシステム  操作系统  OS
カーネル  内核  kernel
カスタマイズ  定制  customize

グラフィカルユーザーインターフェイス  图形用户界面  GUI
GUI = Graphical User Interface

スティーブ・ジョブズ  史蒂夫·乔布斯  Steve Jobs
ソースコード  源代码  source code
マッキントッシュ  麦金塔  Macintosh

SCSI = Small Computer System Interface
ADB = Apple Desktop Bus


【訳文】(1)(2)(3)

***
日本語にしろ中国語にしろアルファベットのまま
ということが多いのですが、参考まで。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-23 09:53 | 単語帳(日中英)
マッキントッシュ(3) 和文中訳
【原文】

アメリカでは、昔から教育分野でも強かったが、特にOSのカーネルが公開であるUnix系の Mac OS X に移行して以来、カスタマイズ及びUnix系ソフトの移植の容易さ、並びに気軽に使える完成度の高いGUIを併せ持つところなどから、理学・工学研究の分野での採用例が増えた。

(『Wikipedia 日本語』の「Macintosh」より抜粋)


【拙訳】

在美国,麦金塔从来保持在教育领域的优势,特别是操作系统转移到Unix系统开放式内核上开发的 Mac OS X 之后,充分发挥容易定制及容易移植Unix软件等特点,并同时具有最完善方便的GUI界面,积极拓展在理学及工学等专门领域的市场份额。


単語帳
[PR]
by d_kushi | 2006-01-22 09:39 | ほんやく(和訳中訳)
翻訳業界
ネット上には「1枚(400字)1000円」で中日翻訳を受注する翻訳会社が存在したりする。翻訳者への支払金額ですらなく、クライアントからの受注段階で1000円…。で、翻訳者にはいくら入るんだ? ワンコインか!?


それとは関係ありませんが、
興味深い用語事典を見つけたので、
リンクを張っておきます(↓)

ラジカルな翻訳業界用語事典


産業翻訳の基本がわかるWebマガジン』内のコンテンツです。
…いろいろと身に覚えがあったり、なかったり。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-19 15:01 | つれづれ
2005年 業務報告
昨年やった翻訳の仕事を、整理してみました。

【分野別の割合】

「土木建築 18%」
「金融経済 10%」
「広告関連 8%」

かなりおおざっぱな分類ですが、半分以上が「その他」ということに…。一応、土木建築関係が多かったのですが、基本的に、仕事があれば何でもやります! というスタンスです。

ちなみに、繁体字(台湾)の割合は、全体の10%程度。


【原稿のファイル形式】

「ワード 42%」
「PDF 27%」
「パワーポイント 16%」
「エクセル 8%」

PDFが多いのは、うちにある感熱紙タイプのFAXの印字に不安があるため「できればPDFファイルで…」と、お願いしているから。これ以外に、紙原稿が数件(分量が多いとき)。手書きの原稿は、幸いにしてゼロ。


で、最終的に何万字訳していくら儲かったかについては、
…いろいろな意味で極秘扱い。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-17 06:32 | つれづれ
おすすめ書籍
某市立図書館の閲覧室で、興味深い本を見つけました。タイトルは『日・中・英 言語文化事典』(マクミランランゲージハウス)。「言語文化」というとちょっと物々しい印象ですが、解説文は平易で読みやすく、見出し語も「甘える」など簡単なものです。実用性はあまりないと思われますが、翻訳で煮詰まったときの気分転換になりそう。

Amazon.co.jp:日・中・英言語文化事典


その帰り道に立ち寄った本屋の中国語コーナーに、
気になる本が・・・

『日本語から学ぶ中国語・中国語から学ぶ日本語』
『中国語翻訳作法—文の理解から訳出のプロセスまで』

ともに東京図書の出版で、著者は王浩智先生・・・
・・・さっそく購入。

Amazon.co.jp:中国語翻訳作法
[PR]
by d_kushi | 2006-01-16 06:10 | つれづれ
マッキントッシュ(2) 中文和訳
【原文】

麦金塔(Macintosh),中国大陆曾使用“麦金托什”这个译名,但近期此称呼非常罕见,大陆的北京麦金塔用户会也已将电脑名改为“麦金塔”。大陆居民有时候也将麦金塔称为“苹果机”,但是严格上说这是错误的,因为“苹果机”或者指所有来自苹果电脑的机器,或者指麦金塔以前的Apple机。

(『Wikipedia 中国語』の「麦金塔电脑」より抜粋)


【拙訳】

大陸中国では、Macintoshに「麦金托什」という訳語を充てていたが、最近は北京のマックユーザーも「麦金塔」と呼んでいる。また、大陸では「苹果機(アップル機)」とも呼ばれるが、厳密にいえば誤りである。「苹果機(アップル機)」では、たんに「アップル社製の機器」を指すことになり、またMacintosh以前のApple機との区別も付かない。


単語帳
[PR]
by d_kushi | 2006-01-15 02:32 | ほんやく(和訳中訳)