ブログトップ
『ほんやく修行』中国語
kushiyama.exblog.jp
カテゴリ:それでもMac( 13 )
ブックマーク
ブラウザのブックマークバーに登録しているサイト

記号(“”)付きのGoogle検索(日本語)
記号(“”)付きのGoogle検索(簡体字)
記号(“”)付きのGoogle検索(繁体字)
類語玉手箱
中日辞書 北辞郎
汉典 zdic.net
Dict.CN 海词
英語翻訳 - エキサイト 翻訳

ブラウザの検索エンジン(*)に登録しているサイト(上記を除く)

Infoseek マルチ辞書
漢字 - Infoseek マルチ辞書
英和辞書 - エキサイト 辞書
和英辞書 - エキサイト 辞書
中日辞書 北辞郎(日本語検索)
知识词典
百度知道搜索

*ブラウザは「シイラ1.2.3)」を使っていたのですが、OSのアップデート(10.4.11/10.5)で使えなくなり、同系列の「Demeter(1.0.9)」に乗り換え。


すっかりご無沙汰してしまいました。生きています。仕事もしています。それなりに順調です。あ、あと昨年結婚しました。現在の悩みは、数日後に迫った妻の誕生日プレゼントを何にするか。
[PR]
by d_kushi | 2009-02-04 02:29 | それでもMac
プレビュー
マクロが使われているらしいOffice関連のファイルなどに遭遇したとき、
ほしい情報があるのにIE以外は絶対に不可という理不尽なサイトを閲覧するとき、
Macでは無理なので仕方なくわざわざWinを立ち上げて…ということが、
ごくごくまれ(?)にあるのですが、今回は逆のパターン。


Macの「プレビュー」というソフトからは何事もなく開けたPDFファイルを、
最近アップデートしたWin側の「Adobe Reader 8」で開こうとすると・・・

正しく表示するためには「簡体中国語サポートパッケージ」が必要です!

…とかいわれ、うまいこと表示してくれない。

何かと思って調べてみると、
どうやら一部の中国語PDFファイルを正しく表示するためには、
アジア言語フォントパック」というものを
別途に入れる必要があるらしい。…知らなかった。

しかも、アジア・中央ヨーロッパ言語フォントパックのダウンロードページには「Adobe Reader 7」までしか選択肢がなかったので、
Readerを7にダウングレードしてからフォントパックを入れて、やっと解決。

ちなみに問題のPDFファイルは、
Mac版の「Adobe Reader 8」では問題なく開くことができた。
ついでに、Mac版の「Adobe Reader 7」で試してみると、なにやら必要だといわれ、フォントパックのダウンロードが勝手に始まった…。


ある特定クライアントからのPDFファイル(繁体字と英語の交ぜ書き)が、
プレビューではなぜか文字化けしてしまい、
Mac版のAdobe Readerで開けば問題ないというケースが数回あったので、
今回は、プレビューも頑張っている(?)と感心。


【追記】
Adobe Reader 8の中国語(簡体字)バージョンのリリース予定は、
Winが2007年冬、Macは空欄になっている。
これが関係しているのだろうか?
[PR]
by d_kushi | 2007-02-03 14:01 | それでもMac
テキストエディット
今更ながら、
テキストエディットでもWord文書を開けることに気がついた。

あまり複雑のものは試していないが、
NeoOfficeと比べると軽さの違いは歴然なので、
使えるかも。
…Mac側で編集する必要には迫られていないし。


Windows環境の方は、
Parallelsが快適なので、仕事もこちらでこなしてしまっている。
…メモリ128Mのノートは、引き出しの中で冬眠中。

こうなると、次はWinノートではなく、
MacBookがほしい。(黒いほう)
…そしてVistaを試してみたい。
[PR]
by d_kushi | 2007-01-31 09:11 | それでもMac
メールデータの移行
Mac OS9 で使っていた Outlook Express の古いメールデータ。

今まではクラシック環境から読んでいたのですが、インテルマックに移行してからはそれもできず、OSX用の Microsoft Entourage とかいうのは有料だし、Mail か Thunderbird に何とか取り込めないものか…と、悪戦苦闘。

ネット上を検索したり、ヘルプを読んだり、無理矢理データを開いてみようとしたりして、結局、たどり着いたのはこんな方法でした。


その1:
同居人の所持する古いMac(OS 9.0.4)を借りて、Outlook Express(5.0.6)のユーザーデータを読み込み、個々のメッセージを手動(ドラッグ&ドロップ)で eml形式のファイルとして出力。

その2:
取り出した emlファイルを、USBメモリー経由でWindows版の Outlook Express に手動(メール一覧のところにドラッグ&ドロップ)で読み込ませる。(この時点でメッセージを開くと、ベタ打ちの状態)

その3:
これをWin版のThunderbirdにインポートする。(Thunderbirdで開くと、ちゃんと改行が反映されている)
それから、Thunderbird の Profilesフォルダを複製して、Mac版のThunderbirdで開く。


こうすればアップル純正ソフトのMailにインポートできるはず…と思っていたのですが、Mailへのインポートは失敗(とりあえずはMac側のThunderbirdで読むことができる)。

クラシック環境を使えるOSXなら、もっと楽に移行できていたはず…。
[PR]
by d_kushi | 2006-08-30 19:59 | それでもMac
PDF
先日書いた「Parallels上のWindowsからプリンターが使えない」という問題ですが、ファイルをPDF化すればMac側から印刷できる、ということに気づきました。

これで「やよいの青色申告」で作成した帳簿も、Mac側からプリントアウトできる…と、軽く考えていたのですが、Windows上でファイルをPDF化するには、別のソフトを導入しなければならないのですね。
(MacOSXは初期状態で、すべてのアプリケーションからPFD化が可能)

参考:
【特集】PDF再入門 - フリーツールでどこまで行ける? (MYCOMジャーナル)


とりあえず、フリーソフトの「クセロPDF」を試してみます。

USBメモリー経由でノートPCから印刷することはできるのですが、PCのスペックがWindowsXPをギリギリ動かせる程度なので、何をするにも重いのです…。
[PR]
by d_kushi | 2006-07-27 17:34 | それでもMac
Intel Mac
新しい作業環境(Intel搭載のMac mini)も、ようやく落ち着いてきました。
以下、感想や問題点をいくつかまとめてみます。

・Mac OSX 10.4.7

以前の環境(10.2.8)と比べて、もっとも便利だと感じるのは、複数のウインドウを縮小して表示できる「Exposé」という機能。「システム環境設定」で「画面のコーナーへの機能割り当て」をやっておけば、裏側に重なって見えなくなっているウィンドウをワンクリックで呼び出せるようになります。スティッキーズをやたらと多用するクセがあるので重宝。あと、辞書や検索ツールなど複数のアプリケーションを同時に管理する「Dashboard」も、翻訳作業の能率化につながりそう。

・Windows XP(増設メモリとセットでDSP版を購入)

Boot Camp(ベータ版)」と「Parallels Desktop for Mac(製品版)」の両方を使って、Mac miniにWindows XPをインストールしてみました。翻訳作業に必要なソフト(Microsoft Office、ChineseWriter 8、ATOK 2006)は、どちらの環境でも問題なく動作。「やよいの青色申告06」も今のところ問題なし。ライセンス認証の関係で、どちらか1つ選ばなければならないのですが、できればMac環境とWin環境を同時に使いたいので「Parallels Desktop for Mac」に軍配(49.99ドルで購入)。Parallelsでは動作が多少遅くなり、また「プリンターが使えない」という欠点もあるのですが、Office互換ソフト(↓)を使ってMac側から印刷すれば一応問題なし。あと、Mac用のキーボードでWinを操作する際に不便が多いのですが、慣れれば何とか…。

・Office互換ソフト(Mac上)

今までは動作環境やメモリの関係で導入できなかったNeoOfficeなどのOffice互換ソフトを試してみました。「NeoOffice 2.0 Alpha 4」と「ThinkFree Office 3.0」で、Word書類・PowerPoint書類の互換性をテスト。ついでに「iWork '06」と「Microsoft Office 2004 for Mac」も試してみました。それぞれに長所・短所があったのですが、結論だけ書くと、Microsoft Office 2004ですら細かなレイアウトにずれが生じる場合があり、そのまま仕事に使うには不安が残りますが、訳文の印刷チェックに使う分にはフリーソフトのNeoOfficeで十分いけそう。ほかのソフトの試用期間が終わるまで、しばらく様子見…。ThinkFreeかOffice 2004のインストール時に入手したと思われる「MS明朝」などのフォントは、試用期間が終わっても使えるのだろうか?

・ATOK(Intel Mac用)

最初は「ことえり」に今までにない進化(!…錯覚?…アイヌ語!?)が感じられ、不要かとも思っていたのですが、しばらく使ううちにイライラが募り、結局、ダウンロード版を購入。ATOKの購入は通算4本目(OS9用、Win用、OSX用、Intel Mac用)。

・外付けハードディスク(PHD-MM160IUH)

Intel Macは以前のOSから起動させることができないとのことで、その点はあきらめていたのですが、 OSX 10.4.Xのインストールもパーティション形式を「GUID」というのにしなければ不可能なようです(参考「Intel iMac を外付けドライブから起動」)。また、外付けHDを電源オートで接続していると、Mac本体の起動・終了が不安定になる症状が…。よくわからないので、しばらくはデータ保存用として利用。
[PR]
by d_kushi | 2006-07-18 01:14 | それでもMac
落ちた
夕方から雷雨が激しくなり、いやな感じだなと思い、
仕事用PCのコード類を外して隔離しつつ、
Macで調べ物をしていると、案の定…

…落ちました。

停電したわけではないのですが、
電圧が不安定だったのでしょうか(?)
[PR]
by d_kushi | 2006-05-25 01:14 | それでもMac
USBメモリー
明日、地鎮祭というものに参加することになった。
午前中からとのことで、泊りがけ・・・

・・・というわけで、仕事を外に持ち出すことになり(はじめて)
今、ホテルの部屋からネットにつないでいる。

で、作業中のバックアップをとる手段がなく、
USBフラッシュメモリーを購入した次第。

128MBで2500円というのは、妥当な値段なのだろうか?
ホテルの前に、たまたま石○電気があったので、
衝動買いのように買ってしまった。


あ、ネットにつなげるなら(部屋にADSLあり)
Webメールで自分のアドレスに送れば、
バックアップになったのか・・・
[PR]
by d_kushi | 2006-02-11 01:50 | それでもMac
MacとWin
次にパソコンを買うなら、どちらがいいだろうか?
>MacとWin

外付けハードディスクからの起動に切り替えて以来、順調だった我が家のiMacですが、最近、起動ボタンの反応がいまいち…。慎重に、そっと、かるく押してあげなければ、起きてくれません。…不安。

仕事のほとんどがワードやパワーポイントでの納品になるので、Winを買うのが常識的な判断なのかもしれない。が、となると、デスクトップもノートも両方Winになってしまう。リスク管理の方面から考えるに、それはどうかと…。最近は、Macで作ったワードファイルも文字化けしないようですし。

とか、もっともらしい理由をひねり出してみたものの、
本当は単純にほしいだけです。新しいMacが。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-25 09:28 | それでもMac
電子辞書
電子辞書ソフトの類は、はじめて使うのですが、
実際に使ってみると便利ですね。

逆引きも簡単にできるし、
辞書内で単語がリンクしてるし、
例文も検索できるし、
作業時間も短縮できる・・・

・・・とりあえず、
無駄な出費ではなかった。

>チャイニーズライター8(Macでは使えません)


しいて、欠点を挙げれば、
あまりに簡単に辞書が引けるため、ついつい引いてしまい、
「辞書に載ってる語義」に引っ張られすぎる!
という点でしょうか。・・・いまのところ。
[PR]
by d_kushi | 2006-01-06 05:24 | それでもMac